オリンパスメディカルサイエンス販売株式会社

医療情報事業

近年内視鏡診断や内視鏡手術にて記録された画像は、院内の「学会発表」や「教育」に留まらず、「インフォームド・コンセント」の観点から、「患者さまへの説明」として活用され、電子カルテなどに診断情報と共に掲載されるのが通常となりました。このような事例を含めても、ITソリューションとして画像診断医療は拡大している状況です。私たちはそのお客さまのニーズに対応すべく、最新のITソリューションを提案していきます。

当システムは、手術・内視鏡的治療動画像に生体情報を同期記録させ、データを暗号化し、ハッシュ値とともにタイムスタンプを取得することで、確実な"動画像の管理"が可能になります。「学会発表」や「教育」さらには「リスクマネジメント」「患者さまへのインフォームドコンセント」に多用される医療動画像に、新たな基準と価値を提供いたします。

医療情報事業お問い合わせ窓口

ページの先頭へ