顕微鏡で「困った!」そんなときズーミングするとピントがずれる

ズーム同焦調整の方法

調整を行う前に、接眼レンズ固定つまみが締め付けられていることをご確認ください。

<ミクロメータ入り接眼レンズを使用していない場合>

1. 右眼で右側の接眼レンズを覗き、視野周辺がシャープに見えるように視度調整環を回します

2. 見やすい試料をステージ板上に置き、ズームハンドルを回して最低倍率の位置にします

右眼で右側の接眼レンズをの覗き、粗・微動ハンドルで試料にピントを合わせます。

3. ズームハンドルを回して最高倍率の位置にします

右眼で右側の接眼レンズを覗き、粗・微動ハンドルで試料にピントを合わせます。

4. ズームハンドルを回して最低倍率の位置にします

左眼で左側の接眼レンズを覗き、視度調整環を回して試料にピントを合わせます。
このとき、粗・微動ハンドルは回さないでください。

<ミクロメータ入り接眼レンズをご使用の場合>

1. 右眼で右側の接眼レンズを覗き、視度調整環を回してミクロメータにピントを合わせます

2. 見やすい試料をステージ板上に置き、ズームハンドルを回して最高倍率の位置にします

右眼で右側の列眼レンズを覗き、粗・微動ハンドルでピントを合わせます。
このとき、ミクロメータと試料共にピントが合っていることを確認してください。

3. ズームハンドルを回して最低倍率の位置にします

左眼で左側の接眼レンズを覗き、視度調整環を回して試料にピントを合わせてください。
このとき、粗・微動ハンドルは回さないでください。

調整してもピントがずれる、などご不明な点がございましたら下記お問い合わせフォームよりお問い合わせください。