社長メッセージ

「人々の健康と豊かな社会の実現に貢献していきます」

オリンパスメディカルサイエンス販売は、オリンパスグループの国内商社機能として、2010年6月1日に設立されました。世界トップシェアである消化器内視鏡などの医療機器をはじめ、顕微鏡や工業機器を主力製品として取り扱い、日本全国に30の拠点を有し、日々 地域に密着した営業・サービス活動を展開しています。

「人々の健康と豊かな社会の実現に貢献する」というミッションをかかげ、高い志をもって自ら考え行動できる人財(自律・自立)を育み、従業員にとって、顧客にとって、社会にとって必要とされる、無くてはならない付加価値の高い会社の実現を目指しています。

当社においては人が最も大事な財産であり、従業員一人ひとりの能力発揮を最大化する事をダイバーシティ経営の基本と位置づけています。

当社はこれまでも従業員一人ひとりが主役として輝けるよう、ワークライフバランスの充実を目的とした働き方改革や両立支援の充実を目指した制度導入といった“働く環境の整備”を進めてきました。今後、キャリア開発支援や教育研修の充実、更にはメリハリのある人事制度の導入にも取り組み、やる気をサポートし、従業員一人ひとりが“働きがい”や“生きがい”を高め、更に活き活きと輝ける様な会社を目指します。

そして高い倫理観を持って常に誠実に行動し、顧客や社会に信頼される企業としてあり続けるために、日々研鑽を重ねていきます。

オリンパスメディカルサイエンス販売株式会社
代表取締役社長 森山 啓二