当社の役割

オリンパスグループは、産業機器関連事業・医療機器関連事業・映像関連事業を展開するオリンパス株式会社、並びに各事業に関連する国内・海外のグループ各社から構成されています。特に消化器内視鏡の分野では、全世界70パーセント越えのシェアを占めており、国境を越えたグローバルで積極的な事業展開を行っています。

オリンパスグループの国内市場の顔として、最も大きな役割を担う販売商社

オリンパスメディカルサイエンス販売は、オリンパスグループの国内市場において、臨床・研究・生産の最先端分野から地域の医療機関・民間企業に至るまで、幅広い層のお客さまに最前線で接している販売商社です。医療機器・ライフサイエンス・産業機器の各分野におけるスペシャリストとして、顧客ニーズへ迅速に対応すると共に、常に最良な価値を製品とサービスに添えてご提供することを心掛けています。提案・販売から修理対応に至るまで、最前線のポジションでお客さまのサポートを実践することにより、社会の発展を間近で実感できる会社であるといっても過言ではありません。ヘルスケアの向上に、基礎研究の発展に、安心、安全な製品・サービスの供給に、社会の様々な場面に貢献していくことを使命として、社員一人ひとりがその自覚と誇りを抱きつつ日々の業務に取組んでいます。

オリンパスの国内グループ会社一覧 新規タブで開きます

医療事業本部

最先端医療を担う国公立・私立大学の付属病院から、町のクリニックに至るまで、様々な医療機関をお客様としています。国内シェア70%を誇る消化器内視鏡をはじめとする医療機器の販売および修理対応、開業コンサルティング、医療現場へのITソリューションの導入提案、医療関連学会やイベントの開催支援など、お客さまのニーズにお応えできるよう、総合力のある事業展開を行っています。日々の活動を通して、人々の命に直結する医療の現場に貢献しています。

機器事業本部

生物(科学)分野と産業分野の二つに大きく分かれます。生物分野の主な市場は、ライフサイエンス関連の研究市場と病院等の病理・臨床検査市場です。産業分野の主な市場は、製造業(製品の研究開発・製造・品質検査)や航空機・艦船・プラント・建築物等のメンテナンス市場です。そのためお客さまは、大学、研究機関、民間企業、病院、動物病院、道路公団、警察、消防、自衛隊等、あらゆる業種に及びます。人々の生活を支えると共に、社会の未来に貢献していきます。

経営企画本部

経営企画本部は、“人”、“モノ”、“お金”、“情報”などの会社の資産を最大限活用するために、それらの管理や運用を行っています。経営企画本部は、医療事業本部や機器事業本部と異なり、直接的にお客様へ製品やサービスを提供する立場ではありません。ですが、私たちの仕事の先には社員がいて、更にその先にはお客様がいる、という思いを全員が共有し、業務に取組んでいます。